葉酸が多く含まれている食品と上手な食べ方

葉酸は、妊活中や妊娠中の女性にとって大切な栄養素となります。特に緑色の葉物野菜に多く含まれているので、日常的に野菜を多く食べている女性にとっては比較的摂取しやすいかもしれません。

しかし、妊娠初期などはつわりであまり食べ物を口に出来ない事もあるので、効率よく摂ることが出来る食品と食べ方を知って積極的に食事に取り入れたいものです。

葉酸の宝庫と言われている食材はこれ!

まず、葉酸の宝庫と言われている野菜にはモロヘイヤがあります。ネバネバとした食感で健康的な野菜であると言うイメージがありますが、実は葉酸が豊富に含まれています。

熱に弱いと言う欠点がありますが、モロヘイヤをスープにすれば余すことなく効率良く食べることが出来ます。さらにトマトや卵と言った食品を加えれば、より栄養分の高いスープが出来上がります。

枝豆・ほうれん草・ブロッコリーにも葉酸がたっぷり含まれている

その他には、枝豆やほうれん草・ブロッコリーなども挙げられます。これらの野菜も加熱せずにそのまま食べればまるごと栄養分を摂り入れることが出来ますが、モロヘイヤと同じように、やはりスープにすることで効率良く食べることが出来ます。

野菜以外には、納豆や焼き海苔が最も手軽に食べることが出来る食品です。どちらも調理の手間がかからないので忙しい時にも便利で、季節を問わず1年中買うことが出来ます。

特に納豆は冷凍することも出来るので常備しておくようにすれば、毎日欠かさずに食べることが出来ます。

果物で葉酸が多く含まれているのは?

そして、いちごやアボカド・キウイと言った果物にも多く含まれています。果物にはミネラルも多いので、妊活中や妊娠中には積極的に食べるようにしたいものです。

しかし、果物には旬があるため季節ごとにおいしい果物を選び、朝食や間食に食べるようにすれば効率的です。

またレバーにも葉酸は豊富に含まれているため、レバーが好きな人は毎日でも食べたいと言う女性もいるかもしれません。しかしビタミンAが特に多く含まれているので、毎日一定量を食べているとビタミンAの過剰摂取になる危険性があります。

このように、食べ方に注意しながらも、手軽で簡単に摂ることが出来れば毎日続けることが出来るはずです。

また葉酸が含まれる食品名をしっかりと覚えるまでは、メモに書くなどして目に付く場所に貼っておけば、毎日の料理にも取り入れやすくなります。

また外食やテイクアウトを利用する場合には、おかずにおひたしが入っていたり、緑黄色野菜を摂ることが出来るサラダなどを意識的に選ぶようにすれば上手に摂取出来ます。