天然葉酸と合成葉酸は何が違うの?選ぶならどっちがおすすめ?

妊活・妊娠中の時に葉酸サプリを利用する人も多いですよね。そんな時に気になるのが、配合されている葉酸が天然か合成か?という問題です。

実は同じ葉酸でも、合成で作られたものと、天然の材料から絞ったものがあって、それぞれ性質が違うんですね。

どう違うのか、安全なのはどっちか、結局選ぶなら合成と天然どちらがいいのか?わからない事だらけではないでしょうか。葉酸の選び方について、くわしく解説していきましょう。

合成葉酸と天然葉酸の違いとは?

そもそも、合成と天然の葉酸は、同じ葉酸と呼ばれていても違う物質です。ほうれん草などの野菜に含まれる食事性の天然葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸という成分で、対して合成の葉酸はモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれる成分なんですね。

そしてこの2種類の物質、簡単に言うと合成葉酸と天然葉酸の最も大きな違いは、その吸収率にあります。天然葉酸の吸収率は食べた分の50%程度、合成葉酸のモノグルタミン酸型の葉酸は85%と、圧倒的に合成葉酸のほうが吸収が良いのです。

実は厚生労働省が妊婦さんに摂取を勧めているのも、この吸収率の良い、合成葉酸タイプのモノグルタミン酸型葉酸なんですね。なので、葉酸サプリメントのほとんどは、合成タイプの葉酸を配合しているんです。

妊活や妊娠中の栄養補給に使うのなら、断然合成葉酸のほうをオススメします。

合成葉酸と天然葉酸はどちらが安全?

イメージで言えば、天然やオーガニックという響きは魅力的ですよね。とても安全で体にいいイメージです。でも実際は、安全性の面で見ると合成も天然も実はあまり変わらないんです。

合成葉酸の原料はミドリムシなどの微生物などです。石油や危険な薬品から作られているわけではありません。つまり、合成だからといって、安全性に不安があるわけでは無いんですね。

野菜や果物から取り出された天然葉酸のほうが、農薬や環境汚染などの影響を受けやすいので、ある意味安全性は合成葉酸のほうが高いと言う見方もできます。

しっかり工場で管理されて生成される合成葉酸は、効果も安全性も確保された便利な栄養素なんですね。

選ぶなら合成葉酸がオススメ

イメージや特別なこだわりが無いのなら、選ぶべきは合成葉酸です。価格も安く、吸収率も良く、管理された工場で生成されるので安全性も高いと言えるでしょう。

さらに効果を高めるため、酵母に合成葉酸を与えて酵母葉酸に仕上げたサプリメントもあります。酵母の作用で長く体に留まるため、吸収率がさらにアップするのでオススメですね。

ベルタ葉酸サプリなど、酵母葉酸を妊婦さん用にサプリメント化した商品もありますので、気になる人は試してみて損はないでしょう。イメージに惑わされず、正確な情報に基づいてサプリメントや健康食品は選びたいですね。